勃起不全改善するために

年齢のせいだけではない

勃起不全を加齢によるものだと思い込むのは危険です。

EDは病気のサインの可能性もある

年齢を重ねれば重ねるほど性への欲求も収まってきて勃起不全になってしまっている人も多いです。

若いときはいつ何時、仕事中であろうと学校の授業中であろうと関係なく勃起をしていたはずが次第に勃起をしないことが当たり前となってきている人も多いです。

特に今は勃起不全の患者がかなり増えてきていて5人に1人がEDで悩んでいる、もしくは自覚をしていると言われています。

さらに今までは年齢を重ねた人がなる病気だと思われていたEDも若い人が発症する人が増えてきています。

20代の人でもEDになる人も増えてきていると言われていますのでもはやシニア世代だけの病気ではないのです。

なぜ勃起不全になるのか?という原因を知らないといけません。

なぜなるんだ?ということを知らないとED改善へと至りません。

まず最初にEDというのは病気へのサインであるかもしれないということを覚えておきましょう。

当然年齢を重ねれば性的欲求や興奮もなくなるのでEDになりやすいわけですが、実は年齢のせいでEDになってしまうのは原因でいうと第2位なんです。

それ以外の原因があるわけですので決してEDになったから歳をとったなって言う理由ではないということを把握しておきましょう。

糖尿病のサイン

勃起不全になる理由として最も多いのが糖尿病や高血圧、脂質異常症の患者です。

というのもEDというのは陰茎海綿体に十分な血流が集まらずに十分な勃起にならなかったり、中折れをしてしまったりするのです。

糖尿病などの患者は血流がどろどろしてしまっているため十分な血流が集まりづらくなってしまっています。

実に糖尿病患者の8割がEDということを自覚をしているとも言われており、非常に密接な関係にあると言われているので、ここ最近勃起力が落ちてきたとか中折れが増えてきたなって思ってきたら糖尿病かもしれないという疑いを持ちましょう。

脂質の多いものを食べたり、カロリーの高いものばかりを食べすぎてしまっているかもしれません。暴飲暴食をしている可能性が非常に高いです。

EDかな?って思ったら糖尿病に関する病気の合図だと思ってすぐに病院に行きましょう。

うつ病などのストレスが原因

若い人がEDになっている人が多いのがストレスです。

ストレスが原因で血管が収縮されてしまって血流が悪くなるというのもありますが、それよりも自律神経が狂ってしまって性的欲求が沸かなくなってしまって勃起をしないことが当たり前になってしまっている人が居ます。

今は毎日朝早くから夜遅くまで働く毎日であり、家には寝に帰っている生活という人はストレスが原因でEDになってしまっている可能性が高いです。

うつ病患者もEDの人が多いと言われています。

ストレス社会と言われていて日本ではまだまだサービス残業ブラック企業と呼ばれるところも増えてきていますので若いうちにEDになってしまっている人は休息を取ったりしているのかどうか?働きづめになっていないかなどを気を使いましょう。

他には事故や手術の影響でEDになるケースもありますので手術をする前にどういったリスクがあるのかなどは事前に確認をするようにしましょう。

EDを改善するには?

EDを改善するためには体を健康にするのが一番です。もちろんシニア世代がなぜEDに多いのかというと年齢を重ねると抵抗力なども落ちてきたり、基礎代謝も下がってきますよね。

昔のような暴飲暴食をしても体が自然と消費してくれるわけではなくて溜め込めてしまいがちなのでEDになりやすいわけです。

シニア世代であっても健康的な生活を送ることでED改善をした例も多くあります。

まずは暴飲暴食を避けてカロリーや脂質の高すぎない食事やお酒の飲みすぎを控えるようにしましょう。

そして運動をするということがポイントです。

当サイトの40代モテる男のナイトライフスタイルでは度々運動が健康にいいということを紹介していますが、本当に男性にとって運動というのは大切なことなんです。

男性は運動をすることで健康的な生活を送れてモテる男性になり病気にもなりづらくなります。

EDを改善をするには全身運動のランニングがオススメですので是非とも積極的にランニングをするようにしてください。

1日20分を目標にランニングをするようしましょう。

↑ PAGE TOP