ジェネリック医薬品は効かないの噂

同等の効果が認められている

ジェネリック医薬品は同等の効果が期待できると認められて発売されています。

厳しい審査をクリアして販売許可が下りる

ジェネリック医薬品は今日本でも非常に知名度が高くなっていますよね。

バンバンCMが流れていて国も医療費の圧迫からジェネリック医薬品というのを推奨しています。

しかし、ジェネリック医薬品は薬の消費期限が切れた医薬品で薬の効果なんかない!という噂が流れたといえます。

こんな話を聞いたことがあっていまいち信用度がないと考えている人もいるかもしれません。

ジェネリックというのはどういったものなのか?というのをしっかりとここで紹介していきます。

まず最初にジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品ではありません。

薬の特許が切れた医薬品であり、よく間違えられてしまっていますが、薬の消費期限が切れたものであれば確かに薬の効果は期待できないでしょうが、違いますのです安心してください。

薬というのは新薬を開発して効果が認められた場合大体20年ぐらいは独占的に販売をする許可が得ることが出来ます。

独占販売期間が切れたら他の医薬品メーカーから同等の効果が認められたら販売をしてもいいというのがジェネリック医薬品なんです。

消費期限が切れたと混同されている人がいますのでそこは間違わないようにしましょう。

そんなものを発売していたら大問題になりますよね。

まずしっかりとした医薬品だということを覚えておきましょう。

ジェネリック医薬品というのは先発医薬品と同等の成分が認められて厳しい審査を受けて3年~5年をかけて製造されています。

・溶出試験・・・新薬と同じように溶けるのかの試験

・生物学的同等性試験・・・体循環血中に入る薬物の速度や量、吸収する薬物量と薬物濃度が同じかどうかの試験

・安全性試験・・・品質を厳しく管理するための試験

新薬(先発医薬品)が特許技術を公開をしたりしているのにもかかわらず3年~5年もかかるということはこれだけの厳しい審査基準を設けているからなんです。

そんなジェネリック医薬品は先に発売された新薬と比べるとかなり安い値段で購入することが出来ますよね。

大体通常の半分ぐらいの値段が相場だったりしますし、医薬品個人輸入代行サイトの場合まとめて購入すればさらに安く購入することが出来ます。

それこそまとめて購入すれば割引額が適用されてだいたい10分の1程度で購入することが出来ます。

これだけ安く購入できるのは消費者としては非常にありがたいことだと思います。

ただし、なぜここまで安く出来るのか?というとそれは開発費に違いがあるからです。

通常新薬を開発するまでに大体10年近くかかる場合も珍しくなくそれまでにかかる開発費用はなんと100億円も変えることも珍しくありません。

だからこそ新薬を開発したら独占的に販売が認められているのです。

ジェネリック医薬品が安い理由はその開発費用が10分の1にまで抑えることが出来ます。

全て成分なども開示されているわけですし、製造技術なども表示されているため開発費を抑えることが出来るので安く済むのです。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同等成分配合で同等の効果が認められて始めて販売が許可されているということは覚えて起きましょう。

ですのでジェネリック医薬品が効かないというわけではなくてその薬が人によって合う合わないが出てしまった可能性があります。

どうしても薬というのは個人差によって効く効かないが出るものでもあります。

それが効かないという風に広まっていってしまったのかもしれませんが、安心して利用できて安く購入できる仕組みなのです。

これから先主流となってくるのはジェネリック医薬品ですので変な噂やデマに流されないようにしましょう。

もう一点気になっている人もいるかもしれませんが、特許が切れていないのにインドではジェネリック医薬品が製造・販売されているという点です。

これはインドは特許に関する法律が違っており、含有成分を特許として認めていないのでインド国内の製薬会社は欧米の製薬会社が開発した新薬をジェネリック医薬品として製造販売することが出来ます。

世界の製薬会社から批判を受けており何度も裁判沙汰になっていますが、その反面、発展途上国でお金が無い国だったり、国境の無き医師団などでも多く使われているので批判は受けていますが、感謝もされていて非常に厳しいラインでもあるのです。

インドは人口が多く、新薬を安価で必要としている人が非常に多いという背景があります。

だからこそインド政府は独自の特許制度を運用し、インド国内の製薬会社が開発費用をかけずに新薬のジェネリック薬を製造販売できるようにしているのですが、実は昔の日本もこういった独自の法律を作っていました。

しかし、これでは製薬メーカーの新薬開発のモチベーションが上がらないという批判を受けて世界と同じような法律に変わりました。

そのためインドはジェネリック医薬品の製造としては世界一の売り上げを誇っています。また売り上げだけでなくてジェネリックの製造技術も非常に他の国と比べても技術が高いのです。

ですから医薬品個人輸入代行サイトなどの通販で購入しても品質に問題があるというわけでもなく安心して利用できます。

ただし、大手の医薬品個人輸入代行サイトではないと危険な面もありますので詳しくは医薬品個人輸入って問題ある?をごらん下さい。

また日本で発売されているジェネリック医薬品は特に品質や厳しい基準を設けており世界中から医薬品を買いに来る業者もいるほどです。

日本で発売されているジェネリック医薬品は特に安心して利用出来ます。

↑ PAGE TOP