医薬品個人輸入って問題ある?

代行サイトを活用しよう

個人で取引をするとなるとかなり厳しいのではないでしょうか?

偽物に注意が必要

医薬品は通販で購入できるって聞いたことあるけど問題あるの?って思いますよね。

たしかに日本の法律で通常の通販サイトで医薬品の販売をしてはいけません。

しかし、医薬品をあくまでも個人利用の目的で海外から通販をすることは法律で許可されています。

とはいえ海外から個人で輸入をするとなると非常に面倒な手続きがあります。薬に対する専門的な知識が必要ですし、現地との人との交渉では金銭的な面やいつ届くのかどうかやそもそも信頼できる人と交渉をしないといけません。

日本人は特にカモにされやすいといいます。

医薬品を個人輸入するというのはあまりオススメできません。

実際にインターネット上で出回っている医薬品の実に54%以上が偽物とされています。

特に日本には多くの偽物が出回っており、日本での医薬品が取り締まられる件数はどんどん増えていっています。

日本の警察などもどんどん偽物に対しての厳しい対策を講じていますがその数は増えていっているのが現状です。

病院などでも医者がインターネット通販では購入しないように注意を促しています。

そこで利用して欲しいのが安心できる大手の医薬品個人輸入代行サイトです。

確かにインターネット上で出回っている医薬品の多くは偽物です。

そしてかなり劣悪な環境で作られていて効果がないどころではなくて場合によっては体調不良に陥ったりすることも珍しくありません。

マンションの一室でポリ袋に入れられて何の効果もない偽物の薬が作られて運ばれていたりします。

主に中国で偽物の多くが作られているのですが、今は中国が危険だと知るとアメリカなどのほかの国に輸送してから販売をしていたりと手口が巧妙化されています。

その見極め方というのは素人では難しいです。

しかし、大手の医薬品個人輸入代行サイトでは利用することが安全にきちんとした方との交渉を行っているので安心して利用できます。

どんなに業界も必ず悪徳業者がいるものですが、逆にきちんとした運営を行っている大手サイトも存在をするのです。

その見極めだけをしっかりと行っていけば騙されるという心配もありません。

きちんと日本語表記で会社の住所の表記もされていたり、対応やサポートがしっかりとしているところを選ぶようにしましょう。

ここでは一例として偽物の薬をいくつか紹介をしていますが、それでもここで紹介をしていないものも偽物として出回っている可能性もあるので例に当てはまっていないから正規品という判断はしないようにしてください。

また特に偽物として多いのがED治療薬です。

ED治療薬が大半だといわれているので特に購入される方は気をつけるようにしましょう。

【バイアグラ:偽物】


【シアリス:偽物】


【レビトラ:偽物】


【プロペシア:偽物】


上記で紹介をした画像全てが偽物として実際に日本で見つかったものです。

インターネットに詳しい人だったり医薬品に詳しい人だったら出される可能性は少ないと思いますが、あまり通販とかを使ったことがなかったり、インターネット自体に詳しくないという人もまだまだ多いです。

だからこそもしかしたら自分は偽物をつかまされているのではないかという危機感は常に持っておきましょう。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば移動中だろうと深夜だろうと時間や場所を選ばずにクリック1つで注文さえすれば後は家で待っているだけで届きます。

また病院で処方されるよりも圧倒的に安いですし、日本ではまだ発売されていないジェネリック医薬品を入手することが出来てお得です。

他にも世界中で効果が認められている最新の医薬品も手に入れることが出来るというメリットもあります。

非常に便利な医薬品個人輸入代行サイトですが、偽物が多く出回っているということで大手サイトを利用するということだけは意識するようにしましょう。

↑ PAGE TOP